ピぺトップ

ピぺトップ

ピぺトップ

このページは「授乳育児のための乳首ケア 」の情報コンテンツです。
ピぺトップ > 授乳育児のための乳首ケア

豆知識

授乳育児のための乳首ケア

すでに授乳育児を経験された方ならお分かりの事ってたくさんありますが、これから出産されるお母さんにとっては何もかもが初めてのこと。授乳育児のための乳首ケアは何故必要なのでしょうか?

陥没乳首を正常な乳首に

もし、アナタのバストトップが陥没乳首だった場合、乳首吸引器を出産前からお使いになることをお勧めいたします。また、陥没とまではいかなくても扁平乳首の場合にも乳首吸引器を使った方が良い場合があります。乳首があることで赤ちゃんはお母さんのおっぱいに吸いつくことができるのですが、じつは正常な乳首をお持ちのお母さんでも赤ちゃんが乳首を上手く吸えない場合がありますので、このケアはできるだけ早い段階から初めておきましょう。

また、片方の乳房は正常で片方だけが陥没乳首という場合に「正常な乳房のほうで母乳をあげればいいか」と思うのは大間違い。産まれたばかりの頃は2時間程度に1回の授乳を必要とするお子様で、お母さんのおっぱいのお乳を作るのが追い付かない場合、両方の乳房が使える方がいいことがあります。また、乳首に裂傷などが出た場合に痛い方のおっぱいばかりで授乳となるのはかなりキツイということもありますので、両方の乳房が使えるようにしておきましょう。

まだ出産のご予定はなくても、すでにご結婚をしていらっしゃるのであれば今から陥没乳首や扁平などの症状を直すために努力し始めるのも良いでしょう。妊娠後、あまり乳房を刺激しすぎるとお腹が張ったり硬くなってしまうため、妊娠前の時期に行うことでそれらリスクの回避にもなりますね。

乳首をしっかりマッサージ

毎日毎日おっぱいをあげていると、吸う力が弱い赤ちゃんといえども乳首が痛くなったり場合によっては裂傷ができたりします。また、おかあさんによってはお乳が上手く作れらなかったり量が少なかったりするため、出産前にしっかりとマッサージしておくことが必要です。マッサージは乳房そのものへ行う場合と、乳首を柔らかくしておくことで赤ちゃんが吸いやすくなったり、お母さんが痛みに耐えることなく授乳することができるなどのメリットもありますので、しっかりとマッサージしておきましょう。

ピぺトップ 激安通販