ピぺトップ

ピぺトップ

ピぺトップ

このページは「授乳育児で困る陥没乳首 」の情報コンテンツです。
ピぺトップ > 授乳育児で困る陥没乳首

豆知識

授乳育児で困る陥没乳首

出産を控えられた女性の皆さん、最近ではさまざま育児書やインターネットの普及による情報収集のおこないやすさなどから、母乳育児をお考えの女性は乳首・乳房をケアに余念がないでしょう。そんな中、陥没乳首でお悩みではありませんか?

授乳育児を断念してしまうことも・・

赤ちゃんは産まれてすぐは目がハッキリと見えているわけではありません。成長と共にぼんやりと見えるようになり、徐々にお母さんやお父さんの顔を認識できるようになります。しかし、目がしっかりと見えていない赤ちゃんでもお母さんのおっぱいを吸うことはちゃんとできるのです。それは、口元に乳首があたることで反射的に口にふくもうとする働きが赤ちゃんに備わっているから。初の出産を経験したお母さんでも、赤ちゃんの口に乳首をちょんちょんと当ててあげれば自然と乳首を口に含んでくれるのです。

陥没乳首の場合、赤ちゃんが乳首を探し当てることができずに泣いてしまい、上手く授乳ができないことがあります。赤ちゃんが吸っているうちに徐々に乳首がでてきて、自然に治る場合もあるようですが、赤ちゃんがおっぱいを吸うことをあきらめてしまうとうまくいかなくて、哺乳瓶をつかってしまうこともあるようです。

乳首を清潔に保つ

通常の乳首のお母さんでも、まだまだ抵抗力の弱い赤ちゃんのために授乳前には乳首を正常綿で清潔にしてからあげるなど、非常に気を使いますね。陥没乳首の女性の場合、どうしても乳首に汚れがたまりやすかったり、染み出た母乳が溜まっていたりしがちです。そのため、授乳前だけではなく普段から乳首を清潔に保っておかなければ、赤ちゃんへの配慮もありますが、お母さん自身の乳腺炎などの病気から身を守るために必要なことと言えますね。

赤ちゃんの吸う力は意外と強い

正常な乳首のお母さんでも、乳首が切れてしまうなど授乳中のトラブルは色々とあります。赤ちゃんの吸う力は子供によって違いますが、成長につれてなかなか強力になってきます。特に乳首はデリケートな部分ですから、ちょっとした力で吸われるだけで苦痛を伴ったりします。陥没乳首の方の場合、乳首が常に外にさらされているわけではありませんので、余計に刺激に対して痛みを感じることもあるようです。

妊娠中のマッサージやケア、陥没乳首を直すための乳首吸引器の利用など、事前の準備が非常に重要となります。

ピぺトップ 激安通販